ホーム > 日記 > 旅行記・イベント記 > 東京ディズニーシー - 2004年6月5日(土)
へこみこむ [hekomi.com]

東京ディズニーシー - 2004年6月5日(土)

早起きで気合入れまくり

 この日の東京ディズニーシーは8時開園
 というわけで5時に起床。眠気まなこでシャワーを浴び、もぞもぞと準備。7時半には舞浜駅に着き、モノレールでディズニーシーへ。
 朝も早いというのに、お客さんがいっぱいでした。みんな気合入ってるなあと思いつつも、それはわたしらも同じなのでつっこめんと思ったり……。行きの電車のなかではテンション下がり目でしたが、ゲートが開くのを待つ列に並んでいたら、段々と高揚感が。さあ、どこから行きましょうか。

ロストリバーデルタへスタートダッシュ

 入り口の地球儀(ディズニーシー・アクアスフィア)には目もくれずに、園内の一番奥にあるロストリバーデルタの「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」に小走り。
 待ち時間は5分。全然待つうちに入らない。乗り終わったあともう一度入り口に戻ってみると待ち時間は10分だったので、もう一回乗る。この辺のあほっぽさが好き。朝の8時台に二度もインディ・ジョーンズに乗るなんて、もうそれだけで非日常。テンションが揚がる揚がる。

アラビアンコーストを3タテ

 いい感じの莫迦テンションでアラビアンコーストへ。端から順に、まずは「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」へ。
 朝早かったせいかお客さんが全然おらず、貸切状態のままふたりで出発。こういった人形劇も嫌いじゃないです。いいクールダウンになりました。
シンドバッド・セブンヴォヤッジ

 続いて「マジックランプシアター」。
 3Dのスクリーンもさることながら、役者の寸劇もこれまた楽しい。期待以上に面白かったです。

キャラバンカルーセル  3つめは「キャラバンカルーセル」。
 ……いわゆるお子様向けのメリーゴーランドですね。まわりは子供ばかり。乗っているのがちょっと恥ずかしかったです。
 早く終われ、早く終われ、早く終われ。

マーメイドラグーンでさらにお子様向け

 そのまま流れでマーメイドラグーンへ。まず目についた「スカットルのスクーター」に並ぶ。
 子供向けは子供向けだけど、案外楽しめた。まあ一度乗ればいいけど。

 次はゆるゆるとした坂道を下って「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」へ。
 ……単に上下するだけなんですね。まわりは子供ばかりで、メリーゴーランドと同じく乗るのが恥ずかしかったです。

 このエリアはどうもお子様向けが多いようなので、いったん外へ。すぐ左手に見えた「フランダーのフライングフィッシュコースター」に並ぶ。
 まあまあ楽しめたけど、1分程度で終わってしまうのがちょっと物足りない。
フランダーのフライングフィッシュコースター

 なんだかお腹が空いてきたので、「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」で入り口付近まで移動。さあなにを食べよう。

メディテレーニアンハーバーで早めの昼食。「アンコール!」。その後散歩

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ2階からの風景  時刻は10時半過ぎ。早起きだったせいかもうお腹が空いてきたので、メディテレーニアンハーバーへ戻り、早めの昼食を。何店かをうろうろと見比べ、「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」へ。
 わたしはパスタ、連れはリゾットを注文。2階へ上がり、のんびりと景色を眺めながらもぐもぐ。徐々に他のお客さんも増えてきたようです。

 食べたあとすぐに乗るのはどうかと思い、お腹を休めるため、ショップを見てまわったり、入り口付近に戻ったり。
 そのままアメリカンウォーターフロントへ行き、「アンコール!」を観る。
 始まる前の数十分と、最中の数分を寝て過ごし、いい感じで休息。そしてポートディスカバリーへと散歩。
ヴェネツィアン・ゴンドラ付近の橋

入り口付近のまわる地球儀飯が食えるでかい船

まだ行ってなかったミステリアスアイランドへ

 散歩の流れで、ミステリアスアイランドへ。「センター・オブ・ジ・アース」が40分待ちだったので、そのまま並ぶ。
 前に並ぶあほカップル(ぶさいく)は、頬すり寄せるほど、いちゃいちゃモード。後ろに並ぶ50代と思われる中年夫婦は、それを見て手を繋ぐ始末。ある意味、ミステリアスです。

 続いて「海底2万マイル」へ。
 こちらは50分待ちでしたが、それよりは早く乗れた感じ。あたかも海中に潜っているように感じさせる趣向は、「あっ」と思える面白いものでした。

ちょっと疲れたので休憩。「ミスティックリズム」

 甘いものが欲しくなったので、チュロスを食べる。その後、ロストリバーデルタの「ミスティックリズム」を観賞。
 これ、すごくいい。なんか分かんないけど感動した。「足が疲れていたため、なにか座って楽しめるものを」程度の気持ちで入ったのですが、すごく面白かった。また観たいと、純粋に思えるものでした。
チュロス

岐路

 時刻は16時半。朝8時から遊んでいるので、8時間半もいることになる。
 いい加減疲れてきたので、早々に切り上げることに。

 振り返ってみると、どの乗り物もほぼ全て一番前に乗ることができ、ありえないくらい席運がよかった。ディズニーシーはしばらくはいいけど、今度はディズニーランドのほうに行きたいですね。
 あと、写真をもっと撮っておくんだったと、ちょっと後悔。残念。