ホーム > 日記 > 旅行記・イベント記 > 巣鴨、日暮里〜上野 - 2003年7月5日(土)
へこみこむ [hekomi.com]

巣鴨、日暮里〜上野 - 2003年7月5日(土)

巣鴨とげ抜き地蔵、原田の耳かき

 前回行ったのは4月29日。結局買わずに帰ってきたので、今回はある意味リベンジです。

 途中の『みずの』にはわき目も振らず、まっすぐとげ抜き地蔵へ。目指す『原田の耳かき』へ着き、店のお兄さんと雑談。ものは980円から2,980円まであり、一応どこがどう違うのか訊きながら、お試し用ので耳をほじってみる。ああ、気持ちいい。どうせ買うならいいものをと思い、1番高い2,980円の煤竹(すすたけ)を購入。ついでに500円の携帯ケースも購入。

原田の耳かき

 買ったその場でちょちょいと削ってくれ、その人に合った形にカスタマイズしてくれる。削りながらも雑談は続き、もし使っていて違和感があるようであれば、持ってきてもらえればまた削ってくれるとのこと。人によっては30年も使う人もいるらしく、アフターケアも考えれば決して高い買い物ではないなあと思った。
 ちなみに土日祝ととげ抜き地蔵の縁日(4のつく日)には必ず店を出しており、平日は不定休だそうです。時間は10時から17時ぐらいまで。雨の日も小雨程度なら出ているとのこと。興味のある人はぜひ1度。

日暮里〜上野散策

 日暮里駅南口を出て、谷中霊園をちょろっと抜けて『愛玉子』へ。以前から気になっていた憧れの愛玉子(400円)を注文し、ほっとひと息。
 ってか、注文してから10秒ぐらいで出てきたんですけど。おじいちゃんが裏に引っ込んだと思ったらすぐに愛玉子を持って出てきたし。
 味はといえば、んー、すごく微妙。食感はゼリーかところてんかといった感じだけど、味はまるでない。レモンシロップが掛かっており、それの味しかしない。しかもぬるい。絶対に冷やしていない。んー、がっかりです。1度食べればもういいかな。残念。

愛玉子愛玉子

愛玉子愛玉子

 『愛玉子』をあとにし、続いて『寛永寺』へ。神社仏閣好きな俺としては前から気になっていた場所だけど、特に瞠目するものはありませんでした。つまらんかった。

寛永寺寛永寺寛永寺

 『寛永寺』をそそくさと立ち去り、続いて『桃林堂』へ。ここでは以前から気になっていた小鯛焼(180円)を買おうと思ったんだけど、2個入りで箱に入ったものが460円だったのでそちらを購入。
 所感としては、見ためは薄皮で餡子がぎっしり。味はそれほど甘くはなく、程よい感じ。けど、この量でこの値段はちょっと高いなあというのが正直なところ。これはあれかな、なにか御めでたいときにお土産で持っていくと喜ばれるかも。そんな一品。

小鯛焼小鯛焼

上野、蕎麦を手繰る

 そのまま上野公園を突き抜けるようにし、『蓮玉庵』へ。以前から気になっていた古式せいろ(1,000円)を注文したら2時までと言われてしまい、仕方なくせいろ(630円)を注文。ついでにビール(630円)も注文。
 昼酒はたまらなくよい。休日ならではの最高の贅沢という気がして、いつもの酒よりおいしく感じる。蕎麦はといえば、蕎麦自体にはあまり特徴がなく、可もなく不可もなくといったところ。量はちと少ない。汁はちょっと独特で、正直ぴんとこなかった。んー、1度行けばもういいかな。そんなところ。