ホーム > THE 食! > 酒レビュー > 清酒(日本酒) > 宮城
へこみこむ [hekomi.com]

酒レビュー > 清酒(日本酒) [宮城]

澤乃泉 特別純米酒

『澤乃泉 特別純米酒』。松島に旅行した際、むとう屋(宮城県宮城郡松島町)で購入。

 この酒は自宅ではなく、知人が経営する西麻布『き』(港区西麻布4-10-1 ラポート西麻布3F)へ持ち込んで飲みました。よって燗および開栓からの変化は不明です。

 立ち香は穏やかにて冷涼。
 口に含むとどっしりとした重さがあり、こくと酸のバランスがいい。いかにも地酒といった印象で「酒を飲んでる」という気になってくる。
 冷やから常温になるにつれ、どんどん香りと味が開いてきた。常温がいい。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 特別純米酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 55%
蔵元 石越醸造株式会社
宮城県登米市石越町北郷字中沢108-1
澤乃泉 特別純米酒(特別純米酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

1,460円(720ml)
製造年月:2007年4月
開栓:2007年5月15日

日輪田 山田錦 純米酒

『日輪田(ひわた) 山田錦 純米酒』。松島に旅行した際、むとう屋(宮城県宮城郡松島町)で購入。

 この酒は自宅ではなく、知人が経営する西麻布『き』(港区西麻布4-10-1 ラポート西麻布3F)へ持ち込んで飲みました。よって燗および開栓からの変化は不明です。

 立ち香には山田錦らしい派手さはないが、ぷんと鼻をくすぐる米の穏やかな香りが実に心地よい。
 口に含むとどしっとした米の旨味があり、風格を感じる。

 丸一年寝かせた酒だからでしょうか。味、香りともに落ち着いた雰囲気があり、純米酒の加水で1,836円という値段も普段なら高いと感じますが、飲んだら得心しました。しみじみとうまい酒です。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
日本酒度 +1
酸度 1.7
原料米 山田錦
精米歩合 65%
酵母 協会7号
仕込水 霊堂沢自然水
蔵元 萩野酒造株式会社
宮城県栗原市金成有壁新町52
日輪田 山田錦 純米酒(純米酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

1,836円(720ml)
上槽年月:2006年3月
製造年月:2007年4月
開栓:2007年5月26日

綿屋 純米吟醸 雄町

『綿屋 純米吟醸 雄町』。東武百貨店(池袋)で購入。

 池袋東武の冷蔵庫に各スペックの綿屋(わたや)がずらりと並んでおり、まだ飲んだことはありませんでしたがそれじゃひとつ買ってみようかと、この『純米吟醸 雄町』と『特別純米酒 美山錦』の2本を購入。

 香りは穏やか。ほんのりと甘味のある、きれいな香りです。
 味わいは突出した特長があるわけではないですが全体的によくまとまっており、辛いか甘いか、酸っぱいか、苦いか、渋いか、とろみがあるかなどいろいろ考えていると、結局行き着くのは“うまい”ということ。バランスがすごくいい。
 口当たりは、絹綿に包まれているような柔らかさと暖かさがあります。ただひたすら優しい。

 純米大吟醸やほかの米を使った純米吟醸など、いろいろ飲み比べてみたくなりました。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米吟醸酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
日本酒度 +3
酸度 1.7
原料米 岡山県産雄町100%
精米歩合 50%
酵母 宮城酵母
蔵元 金の井酒造株式会社
宮城県栗原市一迫字川口浦1-1
杜氏 玉山博昭(南部杜氏)
綿屋 純米吟醸 雄町(純米吟醸酒)

2,205円(720ml)
製造年月:2005年11月
開栓:2005年12月24日

綿屋 特別純米酒 美山錦

『綿屋 特別純米酒 美山錦』。東武百貨店(池袋)で購入。

 池袋東武の冷蔵庫に各スペックの綿屋(わたや)がずらりと並んでおり、まだ飲んだことはありませんでしたがそれじゃひとつ買ってみようかと、この『特別純米酒 美山錦』と『純米吟醸 雄町』の2本を購入。

 香りは穏やか。ほんのりと甘味のある、きれいな香りです。油断していると『純米吟醸 雄町』との違いが分からないほど、同ベクトルに位置していますねえ。

 味わいはこの『特別純米酒 美山錦』のほうが、男っぽい。舌先にぶつかってくる辛さや苦さがあるのですが、想像していた特別純米酒らしい濃厚さはあまり見られず、少しの物足りなさを感じる。

 とはいえ、ほかの酒に比べたら佳酒なのは間違いない。綿屋、レベルが高いですねえ。好きになりました。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 特別純米酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
日本酒度 +5
酸度 1.8
原料米 長野県産美山錦100%
精米歩合 55%
酵母 宮城酵母
蔵元 金の井酒造株式会社
宮城県栗原市一迫字川口浦1-1
杜氏 玉山博昭(南部杜氏)
綿屋 特別純米酒 美山錦(特別純米酒)

1,522円(720ml)
製造年月:2005年11月
開栓:2005年12月24日

綿屋 特別純米酒 ひとめぼれ

『綿屋 特別純米酒 ひとめぼれ』。宮城ふるさとプラザ(池袋)で購入。

 蜂蜜を薄くしたような甘い香り。
 口中でさっとはじけ、ぱっと消えるアルコール感(日本酒感)と、辛いあと味。
 開栓三日目にしてようやく味が乗ってくる。旨味が出てくる。
 燗すると米の甘味が出てきて、こちらのほうが好きですね。

 正直なところ同じ綿屋でも、『純米吟醸 雄町』『特別純米酒 美山錦』に比べると大きく面白みに欠けるかも。
 ラベルを見ると「農薬8割減・化学肥料不使用」といったことが何箇所か書かれており、米にはこだわったのだろうなあというのが伝わってくるのですが、ひとめぼれはそのままご飯として食べたほうがおいしいのかなって。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 特別純米酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
日本酒度 ±0
酸度 1.6
原料米 特別栽培米ひとめぼれ100%
農薬8割減・化学肥料不使用
精米歩合 55%
酵母 宮城酵母
蔵元 金の井酒造株式会社
宮城県栗原市一迫字川口浦1-1
杜氏 玉山博昭(南部杜氏)
綿屋 特別純米酒 ひとめぼれ(特別純米酒)

1,470円(720ml)
製造年月:2006年3月
開栓:2006年4月5日

伯楽星 純米吟醸 生詰

『伯楽星 純米吟醸 生詰』。はせがわ酒店 表参道ヒルズ店(表参道)で購入。

 マスクメロンのようなにぎやか上立ち香に、まずは驚く。55%の削りでここまで高い香りが出るんですね。すごい。
 口に含むと今度はプリンスメロンのようで、前面で主張するのは甘味と旨味、そのうしろで支えるように存在するのは少しの苦味と渋味。これらが渾然一体と混ざりあい、絶妙のバランスを見せてくれる。

 開栓二日目。
 香りは急速に穏やかとなり、辛味と旨味が増してきた。前日の味わいとは打って変わる。

 開栓三日目。
 香りはさらに穏やかとなり、マスクメロンから白桃へと変化を見せようとしている。相変わらず甘い果実を想起させる、華やかな香りです。味わいでは辛味と旨味がさらに乗ってきた。

 もう少し置いたらどう変化するのか気になりましたが、残念ながら瓶が空いてしまった。つまりはそれだけ、おいしすぎたということ。
 先般飲んだ『伯楽星 特別純米 生詰』がマスカットならば、こちらの『伯楽星 純米吟醸 生詰』はメロン。どちらも果実を思わせるきれいな酒。ふと、子母沢寛『味覚極楽』の一節を思い出した。
 銀座千疋屋の主人・斎藤義政氏(初代社長)曰く、「世間ではメロンをありがたがっているが、あれは香七割・味三割の果物で、マスカットは本当の味だけで食べる。果物の王はマスカットだ」うんぬん。清酒の世界では、どういったものが清酒の王なんでしょうか。
 当然酒は嗜好品なので好みはひとそれぞれでしょうが、やっぱり行き着くところは香りではなく味わいだと、わたしのなかではいまのところ答えが出てたり。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米吟醸酒
特約店販売
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 55%
蔵元 株式会社新澤醸造店
宮城県志田郡三本木町北町63
伯楽星 純米吟醸 生詰(純米吟醸酒)

1,575円(720ml)
製造年月:2006年4月
開栓:2006年5月12日

伯楽星 純米吟醸 冷卸

『伯楽星 純米吟醸 冷卸』。はせがわ酒店 表参道ヒルズ店(表参道)で購入。

 これは『伯楽星 純米吟醸 生詰』をひと夏寝かせたものなのかな。

 色はごくごく薄く黄色掛かっており、香りはほんのりと蜂蜜のように甘い。
 口に含むと、舌の根元や喉の入り口を刺す辛さがかなり特徴的。本当に辛い。がしかし、不思議と水のような滑らかさもあり、面白くだまされたような気分になってくる。
 燗すると、酸味が少し増し、飲みやすく感じる。

 なんだかよく分からない酒なんですよねえ。ただ辛いだけでつまらない酒だなあと思っていたら、飲み進めるうちに甘さ、渋さを感じるようになり、「……うまいのかも」と感じるようになってくるから不思議。たった一杯で評価したらいけませんねえ。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米吟醸酒
特約店販売
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 55%
蔵元 株式会社新澤醸造店
宮城県志田郡三本木町北町63
伯楽星 純米吟醸 冷卸(純米吟醸酒)

1,575円(720ml)
製造年月:2006年9月
開栓:2006年10月4日

伯楽星 特別純米 生詰

『伯楽星 特別純米 生詰』。はせがわ酒店 表参道ヒルズ店(表参道)で購入。

 マスカットのような甘い香りと味わいが印象的で、とにかくみずみずしさを感じる酒。すごくジューシー。
 また、カラメルのような苦味や酒質の辛さも相まって、バランスのよさを感じる。

 燗すると、酒質の辛さは和らぎ、米の甘みが出てきます。これはこれでおいしい。  アルコール度数は15〜16度とそんなに高くはないのですが、原酒のようなパンチを感じるのはなぜでしょう。こういったタイプの酒は初めて飲みました。面白い。

 ちなみに二日目にしてぐっと味が乗ってきました。マスカットからメロンのような味わいに変わった。
 この酒は面白い。別のラインも飲んでみたくなりました。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 特別純米酒
特約店販売
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 60%
蔵元 株式会社新澤醸造店
宮城県志田郡三本木町北町63
伯楽星 特別純米 生詰(特別純米酒)

1,365円(720ml)
製造年月:2006年3月
開栓:2006年4月10日

あたごのまつ 限定純米吟醸 うすにごり本生

 きめ細かい滓が程よく沈んだ『あたごのまつ 限定純米吟醸 うすにごり本生』。はせがわ酒店 表参道ヒルズ店(表参道)で購入。

 滓は瓶底に5mmほど薄っすらと漂っており、まずは混ぜずに上澄みをいただく。
 立ち香をたとえるなら、初夏の砂浜での松風。青々としたものがすーっと抜けていく涼やかなイメージ。
 口に含むとちりちりとした酸と、切れのよさが印象的。余韻は穏やかな旨味がじんわりと残る。
 燗すると極小の粒が泡だった。甘みと含み香の米香が強まった。
 続いて滓をよく混ぜた冷や。立ち香は濃くなり、初夏から真夏の松風へと変わる。味わいでは滓に起因する甘みが強くなり、ちりちりとした酸はなりを潜める。全体的にバランスがよくなった。
 最後は混ぜたものを燗で。辛さとちりちり感が強くなる印象で、上澄みも滓絡みも、冷やのほうが断然いいという評価。

 開栓五日目。ちりちり感はほとんど見られなくなった。切れは相変わらずよく、余韻の旨味もしっかりとある。上澄みと滓絡みを比べたが、混ぜたほうが味が複雑でおいしかった。

 なお、裏ラベルには「究極の食中酒を意識して造られた」といった内容が書かれてあるのですが、合わせるとしたらサラダやカルパッチョなどフレッシュなものがおすすめ。富山県氷見産の天然ぶりが、実によく合った。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米吟醸生酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 16度
日本酒度 +4
精米歩合 55%
蔵元 株式会社新澤醸造店
宮城県大崎市三本木字北町63
杜氏 新澤巌夫
あたごのまつ 限定純米吟醸 うすにごり本生(純米吟醸生酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

1,575円(720ml)
製造年月:2006年12月
開栓:2007年3月9日

宮寒梅 純米吟醸カップ

『宮寒梅 純米吟醸カップ』。松島に旅行した際、むとう屋(宮城県宮城郡松島町)で購入。

 仙台からの帰りの新幹線でなにか飲むものをと思い、こちらを購入。

 香りは控えめで、味わいもするると喉を通る軽快さ。これといった特徴はないが、けなす部分もない。

 新幹線で変に安いカップ酒を飲むと、隣の人に匂いが迷惑かなあと気になったりしますが、このくらい穏やかだとその心配も無用。見ためも変にごてごてしておらず、しゅっと洗練されているのは評価したい。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米吟醸酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 55%
蔵元 合名会社寒梅酒造
宮城県大崎市古川柏崎字境田15
宮寒梅 純米吟醸カップ(純米吟醸酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

315円(180ml)
製造年月:2007年4月
開栓:2007年5月6日

一ノ蔵 あ、不思議なお酒

 低アルコールの純米酒『一ノ蔵 あ、不思議なお酒』。松澤酒店(練馬)で購入。

ショコラ・モワルー.赤いフルーツのクーリーとオレンジ風味のキャラメルアイス添え  2007年7月1日(日)、わたしが酒をプロデュースした「日本酒でフレンチを楽しむ食事会」が自由が丘にあるフランス料理店『オーレスト』にて開かれた。
 この酒はデセール(デザート)の「ショコラ・モワルー.赤いフルーツのクーリーとオレンジ風味のキャラメルアイス添え=写真」に合わせる酒としてセレクト。

『一ノ蔵 あ、不思議なお酒』は純米酒でありながらアルコール度数は約8%の低アルコール酒。ドイツワインのような爽やかな甘酸っぱさが特徴的で、日本酒度-65〜-75、酸度5.5〜6.5。
 デザートは軽くはなく、しっかりとした味わいだと聞いていたので、このくらい個性的な酒のほうが面白いだろうとぶつけてみた。

 ショコラの濃厚かつほろ苦い甘さとキャラメルアイスの爽やかな酸味は、この酒とのすばらしいマリアージュを見せた。文句のつけようがない。
 逆に普通の清酒だと難しいところでしょうねえ。同じ低アルコール酒という意味では、発泡清酒も面白いかもしれない。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 8度以上8.9度未満
日本酒度 -65〜-75
酸度 5.5〜6.5
精米歩合 65%
蔵元 株式会社一ノ蔵
宮城県大崎市松山千石字大欅14
一ノ蔵 あ、不思議なお酒(純米酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

1,155円(720ml)
製造年月:2007年3月
開栓:2007年7月1日

一ノ蔵 花めくすず音

2005年1月16日
-円(300ml)

 ちゃんと分類するとリキュール類になる発泡清酒『一ノ蔵 花めくすず音』。東武百貨店(池袋)で購入。

 買い物篭に5本6本と大量に放り込む客がいたので、どういう酒なのか訊いてみた。なんでも人気がありすぎてネットでもなかなか買えないらしい。そう言われたら気になるので、一本買ってみることに。

 グラスに注ぐとスパークリングワインの如く泡が立つ。そしてピンク色なのがとても印象的。
 味は相当に甘いです。そして全然酔う気がしません。あまり酒の強くない女性向きの酒ですね。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]

種類 リキュール類(発泡清酒)
着色に黒豆、紫黒米から抽出した天然色素を使用
アルコール分 4.5度以上5.5度未満
日本酒度 -70〜-90
酸度 1.5
原材米 トヨニシキ
精米歩合 65%
蔵元 株式会社一ノ蔵
宮城県志田郡松山町千石字大欅14
一ノ蔵 花めくすず音(発泡清酒)

一ノ蔵 米米酒

2005年2月5日
1,155円(500ml)

 白い瓶がきれいな米の粒を想起させる雑酒『一ノ蔵 米米酒』。西武百貨店(池袋)で購入。

 米エキスが入っているため正式には清酒に分類されませんが、とりあえずこのページに掲載。飲んだ一口でまず驚く。甘酸っぱい。
 見ると、酸度は3.5以上(普通の清酒は高くても1.8ぐらい)もあるし、日本酒度は-65以下(普通の清酒は低くても-5ぐらい)となっている。とても清酒のイメージはない。

『花めくすず音』もそうでしたが、一ノ蔵はなかなかに挑戦的ですね。いままでにない酒を造ってやろうという姿勢には好感が持てます。これをきっかけに、普段あまり清酒を飲まなかった人が、清酒を好きになるかもしれませんしね。

 この『米米酒』はライスパワーエキスという概念に基づき作られたようで、この手のものは新しいものが出るたびに試してみたい。
 お店の人曰く、「ライスパワーエキスは胃腸にとてもいいので、食前酒として最適です。また、肌にもいいので特に女性におすすめしたいお酒ですね」とかなんとか。
 男でも、まだ飲んだことがない方はぜひ一度どうぞ。「酒は面白い」と再確認させられます。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]

種類 雑酒(その他の雑種(2))
原材料名 米・米こうじ・米エキス
アルコール分 6.5度以上7.5度未満
日本酒度 -65〜-75
酸度 3.5〜4.5
精米歩合 65%
蔵元 株式会社一ノ蔵
宮城県志田郡松山町千石字大欅14
一ノ蔵 米米酒(雑酒)

真鶴 無垢之酒 純米吟醸生原酒あらばしり

 冬季限定品かつ数量限定品(10石)の『真鶴(まなつる) 無垢之酒(むくのさけ) 純米吟醸生原酒あらばしり』。西武百貨店(池袋)で購入。

 この無垢之酒シリーズは日本名門酒会が企画したもので、9つの蔵が同じ酒銘で出している。コンセプトは「純米吟醸」の「あらばしり」+「無濾過」+「生原酒」だそうで、2年前(2005年)は日置桜の無垢之酒を飲みましたが、今年はこちら。

 立ち香はほんのりと甘く、水中の桃のよう。
 口に含むと穏やかな旨味と軽快な酸が唾を沸かせるが、どことなく硬い印象。渋味、辛味の余韻も少し気になる。
 燗するとつんとしたアルコール臭とびりびりした辛さが出るようになり、どうもよろしくない。こなれるまでしばし待つことに。

 開栓六日目。
 まだまだ硬い印象。大化けする予感はあまりないですが、一合ほど残し常温保存に切り替えます。

 ちなみにこの酒、裏ラベルが面白い。洗米、蒸きょう(じょうきょう)、製麹(せいきく)など、他の酒ではあまり見かけないものも書かれてあり、清酒に興味がない人が見たらどう思うのか気になるところです。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米吟醸無濾過生原酒
冬季限定品
数量限定品(10石)
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 17度以上18度未満
原料米 蔵の華100%(宮城県産)
精米歩合 50%
洗米 洗米機
蒸きょう
製麹 蓋麹
酵母 宮城酵母
仕込水 奥羽山系湧水(軟水)
仕込総米 1.1t
蔵元 株式会社田中酒造店
宮城県加美郡加美町字西町88-1
杜氏 中川幸喜(庄内杜氏)
真鶴 無垢之酒 純米吟醸生原酒あらばしり(純米吟醸無濾過生原酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

1,523円(720ml)
製造年月:2007年3月
開栓:2007年3月10日

鳴瀬川 特別純米酒カップ

『鳴瀬川 特別純米酒カップ』。近所のスーパーで購入。

 ゴールデンウィークに仙台に遊びに行った際、新幹線のなかでなにか飲むものをと思い、こちらの宮城の酒を購入。

 香り穏やかで、米の旨味がしっかりした、いかにも純米酒らしい味わい。
 こくがあるのでゆっくりと飲むことができた。

 ちなみに中勇酒造店のメーンの銘柄は『夢幻』のようですね。機会があればぜひこちらも飲んでみたい。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 特別純米酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 60%
蔵元 株式会社中勇酒造店
宮城県加美郡加美町字南町166
鳴瀬川 特別純米酒カップ(特別純米酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

300円(180ml)
製造年月:2007年3月
開栓:2007年5月4日

墨廼江 純米吟醸酒

『墨廼江 純米吟醸酒』。宮城ふるさとプラザ(池袋)で購入。

 んー、なんだか墨廼江にしては、これといった特徴がないですねえ。
 乾いた石のような香り。味わいもどこかおかしい。もしかして軽く老ねているのかも。

 清酒にこだわった酒販店ではなくアンテナショップで買ったので、管理状況は不明です。
 評価は、褒めずけなさずといったところで、ひとまずペンディングで。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米吟醸生原酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 50%
蔵元 墨廼江酒造株式会社
宮城県石巻市千石町8-43
墨廼江 純米吟醸酒(純米吟醸酒)

1,785円(720ml)
製造年月:2006年3月
開栓:2006年4月19日

墨廼江 特別純米酒

『墨廼江 特別純米酒』。宮城ふるさとプラザ(池袋)で購入。

 ヨーグルトのような甘酸っぱい醪の香り。
 酒質は柔らかい。水のような滑らかさで舌の上を過ぎる。味わいはひたすら辛く、喉の奥で長い余韻が残る。
 燗すると米の甘味が出てきますね。燗もいけます。

 開栓から五日後。日を置いたせいか、少しだれてきた。ただ辛いだけになった。
 んー、墨廼江ってもっとおいしいイメージがあっただけに、なにか違和感を感じる。やっぱりちゃんとした酒販店で買ったほうがいいんですかねえ。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 特別純米酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 60%
蔵元 墨廼江酒造株式会社
宮城県石巻市千石町8-43
墨廼江 特別純米酒(特別純米酒)

1,260円(720ml)
製造年月:2006年3月
開栓:2006年4月25日

墨廼江 限定純米中汲み本生

 流通限定の特別純米酒『墨廼江 限定純米中汲み本生』。升新商店(池袋)で購入。

 香りは微かにマスカット風。
 一番の特徴はどっしりとした酸味かな。重厚な酸味が前面に見えるなか、そのすぐ裏に隠れている甘味や旨味もはっきりと実感することができます。

 燗してなおよし。
 ちょっと酸っぱさが増しますが、するると喉を通る。うまい。

 この『墨廼江 限定純米中汲み本生』は、好きなタイプですねえ。最近自分の好みがはっきりと分かってきた。龍力にしろ宗玄にしろ、“特別純米”の無濾過生原酒がすごくおいしいと感じる。
 以前は“純米吟醸”が好きだと思っていたが、どうも違うようです。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 特別純米生酒
流通限定品
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 16度以上17度未満
原料米 五百万石
精米歩合 60%
蔵元 墨廼江酒造株式会社
宮城県石巻市千石町8-43
墨廼江 限定純米中汲み本生(特別純米生酒)

2,552円(1800ml)
製造年月:2005年2月
開栓:2005年11月28日

墨廼江 限定純米中汲み 生詰ひやおろし

 特別純米酒『墨廼江 限定純米中汲み 生詰ひやおろし』。はせがわ酒店 表参道ヒルズ店(表参道)で購入。

 これは『墨廼江 限定純米中汲み本生』をひと夏寝かせたものなのかな。

 香りはメロンのような甘さのなかに、存在感のあるアルコール臭。夏を越した割にはこなれていない感が残る。
 口に含むとボディはある。さっと突き抜ける高い酸味がまず訪れ、あとからじんわりと辛さが広がる。
 燗するとさらにアルコール臭さが目立つ。味わいでは酸味が和らぎ、甘みが出てくる。

 開栓二日目。
 アルコールっぽい香りは嘘のように消えたが、味わいでは水っぽさを感じるようになった。飲みやすくはなったが、面白さはなくなった。個性が没した。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 特別純米酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 16度以上17度未満
精米歩合 60%
蔵元 墨廼江酒造株式会社
宮城県石巻市千石町8-43
墨廼江 限定純米中汲み 生詰ひやおろし(特別純米酒)

1,334円(720ml)
製造年月:2006年9月
開栓:2006年10月2日

浦霞 萩の白露

 低アルコールの純米酒『浦霞 萩の白露(はぎのしらつゆ)』。渋谷の日本酒バー『公界』に行った際、誕生日プレゼントにいただく。

 この『公界』一口メモ、バーでありながら清酒とくじら料理に力を入れているという、ちょっと変わったお店。しかも扱う清酒は宮城のものだけというこだわりよう。
 いつもは綿屋や於茂多加(おもたか)などしっかりしたものをいただくだけに、「普段はあまりこういうのは飲まないんじゃないかと思って」とさりげなく渡された。その心配りが実に嬉しい。

 さて感想。
 ほとんど香りを感じないが、鼻を利かすとりんごのような甘酸っぱい香りをごくごく薄く感じる。
 口に含むとやはり、わずかながらに薄く甘酸っぱいほか、あとからじわーっと薄い辛さもやってくる。

 酔いは感じない。ぐびぐび飲める。こういうのもたまには新鮮でいいものですね。清酒の多様な方向性が、自然と頭に浮かんできます。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 9度以上10度未満
精米歩合 60%
蔵元 株式会社佐浦
宮城県塩釜市本町2-19
浦霞 萩の白露(純米酒)

---円(300ml)
製造年月:2006年8月
開栓:2006年10月3日

於茂多加 男山 本醸造

『於茂多加(おもたか) 男山 本醸造』。松島に旅行した際、むとう屋(宮城県宮城郡松島町)で購入。

 立ち香はほとんど感じず、かすかに米香。
 口に含むと本醸造らしいべた甘さはまるでなく、滑らかで涼やかな甘さが印象的。米米しさもある。
 45℃ほどに燗すると、ぴりりとした辛さが出てくる。
 55℃ほどだと、その辛さに滑らかさを感じるようになり、なかなかいける。切れのいい酸も出てきた。冷やよりも燗がいいですね。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 本醸造酒
原材料名 米・米こう醸造・アルコール
アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 68%
蔵元 阿部勘酒造店
宮城県塩釜市西町3-9
於茂多加 男山 本醸造(本醸造酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

892円(720ml)
製造年月:2007年4月
開栓:2007年6月25日

天花

2005年1月16日
1,785円(720ml)

 超辛口の清酒『雪の松島(+20)』で有名な宮城酒類が出す『天花』。西武百貨店(池袋)で購入。

 なんでも都内で初めての販売らしい。一口試飲してから購入。
 鍋をやりながら飲みましたが、結構しっくりくるような印象でした。天に花びらが舞うような、ふわりと柔らかな口当たりです。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]

種類 純米吟醸酒
アルコール分 15.0度以上16.0度未満
日本酒度 +2〜+4
酸度 1.4
精米歩合 50%
蔵元 宮城酒類株式会社
宮城県仙台市泉区明通3-8
杜氏 押切義昭(南部杜氏)
天花(純米吟醸酒)

乾坤一 純米吟醸 冬華

 純米吟醸生詰原酒『乾坤一(けんこんいち) 純米吟醸 冬華』。松島に旅行した際、むとう屋(宮城県宮城郡松島町)で購入。

 この酒は自宅ではなく、知人が経営する西麻布『き』(港区西麻布4-10-1 ラポート西麻布3F)へ持ち込んで飲みました。よって燗および開栓からの変化は不明です。

 食米であるササニシキを使うのは珍しいですね。
 立ち香は穏やかで、しっかり嗅ぐと若干のアルコール臭。
 口に含むといきなり辛い切れがあり、徐々に旨味の余韻が広がってくる。

 水寄りか米寄りかでいったら、完全に米寄りの酒ですね。しっかりとした味わいです。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米吟醸生詰原酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 17度以上18度未満
原料米 ササニシキ
精米歩合 50%
蔵元 有限会社大沼酒造店
宮城県柴田郡村田町村田字町56-1
乾坤一 純米吟醸 冬華(純米吟醸生詰原酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

1,575円(720ml)
製造年月:2007年4月
開栓:2007年6月23日

乾坤一 手造り純米カップ

『乾坤一(けんこんいち) 手造り純米カップ』。松島に旅行した際、むとう屋(宮城県宮城郡松島町)で購入。

 同じ銘柄でも、ラベルが数パターンありました。

 色はやや山吹色。
 口に含むと渋味と独特の酸があり、やや重さも感じる。
 純米らしい、いかにもごってりとした味わいでした。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 60%
蔵元 有限会社大沼酒造店
宮城県柴田郡村田町村田字町56-1
乾坤一 手造り純米カップ(純米酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

283円(180ml)
製造年月:2007年3月
開栓:2007年5月7日

蔵王 特別純米酒 しぼりたて原酒

『蔵王 特別純米酒 しぼりたて原酒』。松島に旅行した際、むとう屋(宮城県宮城郡松島町)で購入。

 この酒は自宅ではなく、知人が経営する西麻布『き』(港区西麻布4-10-1 ラポート西麻布3F)へ持ち込んで飲みました。よって燗および開栓からの変化は不明です。

 立ち香はいかにもしぼりたてというような爽やかさ。晴れた日の雪山を感じる。
 口に含むと原酒を感じさせない飲みやすさがある。するりと舌の上をすぎ、喉の奥へ直滑降した。甘さ、辛さ、酸、渋味といったものは特に突出しておらず、いいバランス。余韻も短い。

[楽天市場で検索]
[宮城の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 特別純米原酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 18度以上19度未満
原料米 美山錦(白石、角田産)
精米歩合 60%
蔵元 蔵王酒造株式会社
宮城県白石市東小路120-1
蔵王 特別純米酒 しぼりたて原酒(特別純米原酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

577円(300ml)
製造年月:2007年3月
開栓:2007年5月15日