ホーム > THE 食! > 酒レビュー > 清酒(日本酒) > 山口
へこみこむ [hekomi.com]

酒レビュー > 清酒(日本酒) [山口]

錦乃誉 特別純米 西都の雫

『錦乃誉 特別純米 西都の雫(さいとのしずく)』。東武百貨店(池袋)で購入。

 ひょっとすると『雁木(がんぎ)』のほうが人口に膾炙されているかもしれませんが、地元・山口では昔から『錦乃誉(にしきのほまれ)』の名で出しています。
『西都の雫』は山口県農業試験場が育成した酒米。幻の米「穀良都」(こくりょうみやこ)を母方に、「西海222号(親:山田錦)」を父方として、交配・選抜したそうです。詳しくは山口県酒造組合のサイトをどうぞ。

 立ち香はマンゴーのようににぎやか。南国を思わせる。
 口に含むと豊かな酸がじゅっと広がり、その背景にはほのかな甘さも垣間見える。仕舞いはすーっと切れ、余韻にはどこか透明感も。
 40℃ほどに燗すると舌触りはさらさらとなり、わずかな辛さも出てくる。
 55℃だとアルコール臭をやや感じるようになり、味わいではさらに辛くなった。ぬる燗までがベターか。

 開栓五日目。
 どことなく線の細さもあったため多少だれるかと思いましたが、初日の印象とまったくと言っていいほど変わりませんね。嬉しい驚き。

 ちなみに先日、同じ山口の蔵の『東洋美人』が醸す「西都の雫」を大塚の『こなから』でいただいたのですが、やはり酸が鮮やかで鮮烈だった。これは「西都の雫」だからこそのパフォーマンスでしょうか。もう少し「西都の雫」を使った酒を飲んでみたいですね。

[楽天市場で検索]
[山口の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 特別純米酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
日本酒度 +5
酸度 2.1
原料米 西都の雫
精米歩合 60%
蔵元 八百新酒造株式会社
山口県岩国市今津町3-18-9
錦乃誉 特別純米 西都の雫(特別純米酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

1,312円(720ml)
製造年月:2007年8月
開栓:2007年9月27日

獺祭 純米吟醸50(本生)

2005年5月3日
525円(300ml)

“だっさい”ってかなが振ってないとまず読めない、『獺祭 純米吟醸50(本生)』。Kito(練馬)で購入。

 ネット上でちょいちょい名前を見かけ、「評判がいいなあ」と頭の片隅に置いていたこの酒。チーズをよく買うKito(鬼頭商店)にあったので買ってみた。初めてのなのでまずは300mlで。

 香りは穏やかですね。しつこくなく、鼻をくすぐる程度。どちらかといえばメロンや白桃のような甘いほうかな。酸味はそれほど感じず。
 味わいもこれまたすっきり。最後はすぱっと切れ、淡雪の如く消えてゆく。
 特に癖もなく、誰にすすめてもおいしいと言ってもらえるような、優等生な酒ですね。安心感があります。

 肴はなにかな。白身魚の刺身か、きくらげと大根おろしを合わせた酢の物なんかもいいかもしれない。
 ちなみに同じ『純米吟醸50』でも、火入れしたタイプもあるみたいですね。機会があったらちょいと飲んでみたい。

[楽天市場で検索]
[山口の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]

種類 純米吟醸生酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
原料米 山田錦
精米歩合 50%
蔵元 旭酒造株式会社
山口県玖珂郡周東町獺越2167-4
獺祭 純米吟醸50(本生)(純米吟醸生酒)

獺祭 純米吟醸50

『獺祭(だっさい) 純米吟醸50』。2007年10月7日(日)、椿山荘(最寄り駅:江戸川橋駅)で行われた『純米酒フェスティバル2007秋』に行った際、お土産としていただく。

 立ち香は甘酸っぱくにぎやか。苺のようです。
 口に含むとみずみずしいフレッシュ感と、濃醇な旨さ、それを支える豊かな酸、ほどよい切れ。バランスはすごくいい。これまたどことなく苺のようです。
 38℃ほどに燗すると口当たりは柔らかくなり、52℃ほどだとつんとした香りと辛さが出るようになった。
 あまり熱くしないほうがいいですね。常温ぐらいが香りも味も広がりを見せ、一番パフォーマンスを発揮する気がします。

 開栓五日目。
 味が乗ってきましたね。不思議とポッキーのストロベリー味を思い出しました。苦味と甘みと酸味が織り成す妙味というか。実に魅力的な味わいです。

[楽天市場で検索]
[山口の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米吟醸酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 50%
蔵元 旭酒造株式会社
山口県岩国市周東町獺越2167-4
獺祭 純米吟醸50(純米吟醸酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

1,313円(720ml)
製造年月:2007年10月
開栓:2007年10月17日

獺祭 発泡にごり酒(本生)

2005年5月3日
577円(300ml)

 なかなかどうして油断のならない『獺祭 発泡にごり酒(本生)』。Kito(練馬)で購入。

「上蓋を切る際、気を付けてください」といった注意書があったにも関わらず、「そんな大袈裟な」と油断して開けたら、ぽんと栓が吹っ飛んだ。「あわうわっ」と大音声で叫んでしまったんだから間抜けな話。テーブルがべたべたになった……。

 封を切る前は上澄みとオリが分離していましたが、おかげでいっぺんで混ざり合ってしまった。上澄みだけというのもちょっと飲んでみたかったのですが、残念。

 で、うまい具合に混ざり合った酒を味わったわけですが、香りは『純米吟醸50(本生)』よりも甘さが強い印象。バナナのような鼻に残る香り。
 にごりなので酸味もたっぷり。また、甘さもしっかり感じます。

 んー、なんだろう。肴は意外とチーズが合うかもしれない。スモークやパルミジャーノ・レジャーノなど、コクのあるタイプで飲んでみたい。
 あるいはなにも摘まずに、この酒自体をデザートして最後のしめに飲むのもありかな。

[楽天市場で検索]
[山口の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]

種類 純米吟醸生発泡にごり酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 16度以上17度未満
原料米 山田錦
精米歩合 50%
蔵元 旭酒造株式会社
山口県玖珂郡周東町獺越2167-4
獺祭 発泡にごり酒(本生)(純米吟醸生発泡にごり酒)

貴 特別純米雄町60

 特別純米酒『貴(たか) 特別純米雄町60』。東武百貨店(池袋)で購入。

 池袋東武で「冷酒フェア」をやっており、いろいろ試飲させてもらいました。
 供してくれたのは、ものすごい美人の永山さん。「わたしが作ったんですよ」と言っていたので「杜氏さんですか」と訊いたら蔵人さんだそうで。苗字から察するに、娘さんかお嫁さんでしょうか。
 その方はおすすめしていたのは『貴 特別純米 長州の純米酒』だったのですが、四合瓶は売り切れていたため『貴 特別純米雄町60』を購入。
 こちらはある程度飲んだら残りは寝かせておいて、冬ぐらいにもう一度飲んでみるのも変化が見られて面白いですよ、とのこと。このあいだ買ったバキュバン・コンチェルトを使ってみようかな。

 というわけで、とりあえずいま飲んだ感想を。
 色は少し、緑っぽく見えますね。
 香りは爽やかなサイダーにうっすらとミネラルの硬さ。さらにはヨーグルトも感じるかな。
 飲むと、舌の上をまろやかに通り過ぎ、軽くとろみを感じる。
 味としては辛味と旨味が同時に感じられ、伸びというか広がりがある。口いっぱいに染み渡る。
 常温になると、多少酸味が顔を見せてきますね。うん、うまい。
 飲み飽きせず、またどんな肴の邪魔もしないきれいな酒だと思います。特に白身魚なんかに合うんじゃないかな。

 お盆前に開栓したのですが、お盆後(開栓から一週間)に飲むと、口当たりがまろやかで優しく感じられました。旨味が出たのかな。
 また、香りも華やかさが強くなったように感じられる。普通、日が経つと消えていくと思うのですがなんででしょう。面白い。

[楽天市場で検索]
[山口の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 特別純米酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
原料米 備前雄町
精米歩合 60%
蔵元 永山本家酒造場
山口県宇部市車地138
杜氏 永山貴博
代表 永山義毅
貴 特別純米雄町60(特別純米酒)

1,260円(720ml)
製造年月:2005年7月
開栓:2005年8月9日

貴 夏純米 発泡にごり

 夏向けの微発泡にごり酒『貴 夏純米 発泡にごり』。鈴木三河屋(赤坂)で購入。

 この酒は自宅ではなく、知人が経営する西麻布『き』(港区西麻布4-10-1 ラポート西麻布3F)へお中元代わりとして持ち込んで飲みました。よって燗および開栓からの変化は不明です。

 夏純米の『貴』は夏に呑んでいただく「生酒」ということを前提に、ゼロから商品開発を行いました。

 裏ラベルを見ると上記のように書かれてあり、食欲を刺激する食前酒として、また、旬の料理に合わせる食中酒として造られたそうです。
 立ち香はややミルキーで、鼻腔を優しくくすぐる。
 口に含むとちりちりとした発泡が舌を刺激し、実に涼やか。にごり酒にありがちな甘さはまるでなく、むしろきりりと辛い。喉越しはすっきりと切れる。

 これだけ切れがいいと、脂っこい料理でも合いそうな気がします。
  <バーベキュー、花火、にごり酒>
  <縁日、焼き鳥、焼きそば、にごり酒>
  <海水浴、焼きとうもろこし、にごり酒>
 どのシーンでも違和感なく馴染みそうだ。

[楽天市場で検索]
[山口の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米発泡にごり生酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 17度以上18度未満
原料米 山口県産山田錦
精米歩合 60%
蔵元 永山本家酒造場
山口県宇部市車地138
杜氏 永山貴博
代表 永山義毅
貴 夏純米 発泡にごり(純米発泡にごり生酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

2,520円(1800ml)
製造年月:2007年7月
開栓:2007年7月13日