ホーム > THE 食! > 酒レビュー > 清酒(日本酒) > 島根
へこみこむ [hekomi.com]

酒レビュー > 清酒(日本酒) [島根]

李白 純米吟醸生

2005年1月16日
588円(300ml)

 李白の生酒『李白 純米吟醸生』。東武百貨店(池袋)で購入。

 水のようなさらりとした喉ごし。そのくせ、米のおいしさを感じることができる旨味。
 それほど辛くなく、飲みやすい酒です。

[楽天市場で検索]
[島根の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]

種類 純米吟醸生酒
アルコール分 15.0度以上16.0度未満
日本酒度 +3
原材米 五百万石等
精米歩合 58%
蔵元 李白酒造有限会社
島根県松江市石橋町335
杜氏 吉岡光雄(出雲杜氏)
李白 純米吟醸生(純米吟醸生酒)

李白 江戸時代の酒 復元酒 四年熟成酒

 江戸時代の文献『日本山海名産図會』をもとに復元された純米酒『李白 江戸時代の酒 復元酒 四年熟成酒』。西武百貨店(池袋)で購入。

 精米歩合は90%と低精白。アルコール度数は13〜14度としっかり割水。この辺が江戸時代らしさでしょうか。
 古酒ということで、色はかなり赤味掛かっています。また、グラスを揺するとしっかりとした足も。
 香りも味も非常にインパクトが強く、スペックには書かれていませんが、酸もアミノ酸も相当高いと思われる。また、醤油のような香ばしさもある。
 50℃ほどに燗すると香りに広がりが見られ、味わいには丸みが出るようになった。常温のときに感じたとろみは、さらさらになった。

 なんとなくいい予感がしたので、バニラアイスに掛けてみる。
 アイスクリームの甘さに渋味や苦味が加わり、ナッツのような香ばしさも。相当いけます。
 他の蔵の8年古酒があったので同じようにしてみたが、酸やアミノ酸が違うからでしょうか、こうはいかなかった。
 試しに燗したものをバニラアイスに掛けてみる。酒の温かさとアイスの冷たさの温度差がかなり面白い。

[楽天市場で検索]
[島根の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 13度以上14度未満
原料米 島根産「五百万石」
精米歩合 90%
蔵元 李白酒造有限会社
島根県松江市石橋町335
李白 江戸時代の酒 復元酒 四年熟成酒(純米酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

840円(300ml)
製造年月:2007年8月
開栓:2007年9月22日

旭天祐 無濾過生原酒

2005年5月28日
1,785円(720ml)

 無骨なラベルが印象的な純米吟醸酒『旭天祐 無濾過生原酒』。西武百貨店(池袋)で購入。

 天祐酒造の酒はいくつか試飲したのですが、この『旭天祐 無濾過生原酒』が図抜けておいしかった。バランスがいいのかな。一口含んだだけで「ああ、こりゃうまいや」と嘆息するほど。
 最初のインパクトだけではなく、伸びのあるうまさなんですよねえ。いつまでも持続するので、一口また一口と、気が付くと瓶が空いてしまっている状態だったり。

 今回のように一日でいろいろ飲んでしまったのはちょっともったいなかったかな。今度はこれ一本をじっくりと飲みたいです。

※宅飲み4つめ。この日飲んだ種類は半端じゃないので、それぞれの感想はぐっと短めです。

[楽天市場で検索]
[島根の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]

種類 純米吟醸無濾過生原酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 17度以上18度未満
日本酒度 ±0
酸度 1.7
アミノ酸度 1.6
原料米 備前雄町
精米歩合 55%
酵母 自家培養酵母(協会9号)
蔵元 天祐酒造有限会社
島根県松江市矢田町250-43
杜氏 曽田幸夫(出雲杜氏)
旭天祐 無濾過生原酒(純米吟醸無濾過生原酒)

環日本海 ロック原酒

2005年4月17日
1,050円(720ml)

 そっけないラベルが印象的な『環日本海 ロック原酒』。近所の酒屋で購入。

 醸造アルコールや糖類が入っていながらも、なぜ「原酒」と呼べるのか――。その辺の定義がよく分からないんですよねえ。
 つまり現状だと、「加水しない=原酒」ということですよねえ。それはいかがなものかと。醸造アルコールや糖類でじゃぼじゃぼにしても原酒というのは、なにか間違っているんじゃないかなあと。米の旨味が薄れているのに原酒と呼ぶのには、どうにも合点がいかない。

 清酒にはまる前なら、「日本酒の原酒? それをロックで飲むの? 面白いねえ」と、イメージだけで買ったかもしれませんが、いまはそうはいかない。それなりの知識は持っている。
 糖類が入っているというところにも少し興味があったので、あえて買ってみた次第。イロモノは案外嫌いではないので。

 瓶の色からは想像もしなかったほど色は黄色いです。そして味は相当に甘め。
 そのままだとちょっと飲みにくいですが、裏ラベルの注意書にあるようにロックで飲んでみると、思いのほか飲みやすくなった。
 ただ、氷の周りにふにゃふにゃと波紋のようなものが出てきて、それが明らかに糖分だと分かるんですよねえ。このふにゃふにゃがすごい。

 んー、これが原酒だとはどうしても思いたくなかったり。
 わたし個人の意見としては、米と米麹だけで作る酒(=純米酒)でなおかつ加水していないものだけを原酒と呼びたいですねえ。あるいはぎりぎり許せる範囲で吟醸酒まで。
 清酒のビギナーがこの酒を飲んで「原酒ってこういうものなんだ」なんて思われたら、ちょっと困る。糖類のせいでこんなに甘くなっているんだよ、と説明するのが面倒だ。

[楽天市場で検索]
[島根の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]

種類 清酒 原酒
原材料名 米・米こうじ・醸造アルコール・糖類
アルコール分 19度以上20度未満
蔵元 日本海酒造株式会社
島根県那賀郡三隅町湊浦80
環日本海 ロック原酒(清酒 原酒)