ホーム > THE 食! > 酒レビュー > 清酒(日本酒) > 群馬
へこみこむ [hekomi.com]

酒レビュー > 清酒(日本酒) [群馬]

水芭蕉 純米吟醸 草津ア湯の町夢の町

 プライベートブランド酒の『水芭蕉 純米吟醸 草津ア湯の町夢の町』。草津に旅行した際、湯畑のすぐ下にある玉屋商店(群馬県吾妻郡草津町)にて購入。

 この玉屋商店、「立地条件のよさ」「22時まで営業」「店頭で試飲ができる」といった要因からかどんどん客が流れ込んで行き、それにつられて入ってはみたが清酒党にとっては食指が動くものはほとんどなく、迷った挙句「水芭蕉なら……。それにせっかく草津にきているんだし」とこの一本を買い求めた。あえて店の思わくに乗った形ですが、それもまた一興。旅は非日常です。

 立ち香はうっすらと米のふくらみを感じる穏やかなイメージ。
 口に含むと重さというか、舌離れをしないとろみを感じ、始めは渋甘く、しまいは渋辛い。
 燗するとごくごく弱いつんとしたアルコール臭も。味わいでは冷やのときに感じた渋さに、苦さも加わってきた。実に個性的な酒ですね。

[楽天市場で検索]
[群馬の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米吟醸酒
PB酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 14度以上15度未満
原料米 兵庫県三木市三本別所産 山田錦
精米歩合 50%
蔵元 永井酒造株式会社
群馬県利根郡川場村大字門前713
販売元 玉屋商店
群馬県吾妻郡草津町大字草津377-1
水芭蕉 純米吟醸 草津ア湯の町夢の町(純米吟醸酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

500円(300ml)
製造年月:2007年2月
開栓:2007年3月22日

力鶴 尾瀬さわやかカップ

 特別本醸造酒『力鶴 尾瀬さわやかカップ』。升新商店(池袋)で購入。

 側面には「尾瀬の地酒」と書かれてありますが、上蓋の「尾瀬さわやかカップ」が正式名称らしい。

 上立ち香はほとんどなく清流のように穏やかですが、飲み進めていくと桃のような含み香が出てきます。
 飲み口は辛く、尖った印象を受けるが、あとから米の旨味と丸みが追いかけてきたり。

 これは温度が上がるよりも、しっかり冷やして飲んだほうがいいかもしれません。そのほうが酒の名の通り「さわやか」かも。

[楽天市場で検索]
[群馬の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 特別本醸造酒
原材料名 米・米こうじ・醸造アルコール
アルコール分 15度以上16度未満
原料米 五百万石
蔵元 永井酒造株式会社
群馬県利根郡川場村門前713
力鶴 尾瀬さわやかカップ(特別本醸造酒)

263円(180ml)
製造年月:2005年3月
開栓:2005年7月29日

関東の華 しぼりたて生 純米原酒

 冬季限定の純米無濾過生原酒『関東の華 しぼりたて生 純米原酒』。聖酒造(群馬県前橋市)酒蔵見学の際に購入。

2007年3月17日、聖酒造の前にて  本社は前橋市ですが、蔵があるのは渋川市。
 蔵見学希望の旨を電話したところ、事前予約なしで大丈夫だという。なんとなく嫌な予感がしたのですが、その話はまた別の機会に。

 立ち香は穏やか。なにかがぱっと思い浮かぶわけではないが、生酒のフレッシュ感はある。
 口に含むと無濾過生原酒のわりに引っかかることがなく、するると舌の上を通る。あとからじわりとこくの余韻がやってくる。

 この酒は草津の宿で一日で飲みきったため、燗や開栓からの変化は不明ですが、なんとなく冷やしすぎないほうがいいかと思われます。冷蔵庫から取り出して少し温度が上がってきたころが、香りも味も開いてくるのでおすすめです。

[楽天市場で検索]
[群馬の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米無濾過生原酒
冬季限定品
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 18度以上19度未満
原料米 群馬県産 若水
酵母 群馬KAZE酵母
蔵元 聖酒造株式会社
群馬県前橋市住吉町1-5-14
関東の華 しぼりたて生 純米原酒(純米無濾過生原酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

1,500円(720ml)
製造年月:2007年1月
開栓:2007年3月17日

船尾瀧 純米吟醸生

『船尾瀧(ふなおたき) 純米吟醸生』。伊香保の石段街にある十一屋(群馬県渋川市)にて購入。

 立ち香は洋梨のような穏やかな吟醸香。生酒らしい透明感がある。
 口に含むと、ほどよい甘みに差し込んだ高い酸がつーっと舌の上を滑り、喉越しは軽妙で、余韻は旨味を十分に含んだ辛味。短いスパンでの変化が実に楽しい。
 燗すると粒が立つ。香りは炊き立てのご飯のようで、味わいは甘み、渋味、余韻のびりっとした辛味が際立つ。冷やのときの個性がなくなった。冷やが断然にいい。

 開栓三日目。辛さが増した。初日の繊細な味わいが薄れてしまった。早めに飲みきってしまうほうがいいかもしれない。

[楽天市場で検索]
[群馬の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米吟醸生酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 16度以上17度未満
日本酒度 +4.5
酸度 1.6
アミノ酸度 1.2
原料米 山田錦・美山錦
精米歩合 50%
酵母 群馬KAZE酵母
蔵元 柴崎酒造株式会社
群馬県北群馬郡吉岡町下野田649-1
杜氏 竹田勝
船尾瀧 純米吟醸生(純米吟醸生酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

1,680円(720ml)
製造年月:2007年2月
開栓:2007年3月24日

秘幻 純米 微発泡酒

 つつじの花酵母を使った『秘幻 純米 微発泡酒』。浅間酒造観光センター(群馬県吾妻郡長野原町)で購入。

「ポップな見ため」「微発泡」「花酵母」「330mlという微妙な内容量」から低アルコール酒かと思いきやアルコール度数は15〜16度あり、また醸造アルコールや糖類、酸味料なども入っていない純然たる純米酒でもある。
 特に個性的な発泡というわけでもなく、また、花酵母らしい凛とした香りがあるわけでもない。味わいも平板で少し面白みに欠けるが、飲み応えは意外とある。

 この酒は草津の宿で一日で飲みきったため、燗や開栓からの変化は不明ですが、発泡という観点から考えると「冷やで即日飲みきる」がベターかと思われます。それにこの瓶、スクリューキャップではなくビールのような王冠ですしね。

[楽天市場で検索]
[群馬の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 60%
酵母 東農大酒類研 分離株つつじ
蔵元 浅間酒造株式会社
群馬県吾妻郡長野原町向原1392-10
秘幻 純米 微発泡酒(純米酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

500円(330ml)
製造年月:2007年3月
開栓:2007年3月17日

尾瀬の雪どけ しぼりたて上澄み本生

 搾りたての上澄みだけを集めた純米吟醸無濾過生原酒『尾瀬の雪どけ しぼりたて上澄み本生』。草津に旅行した際、湯畑から徒歩6〜7分のところにある大竹商店(群馬県吾妻郡草津町)にて購入。

 立ち香は穏やかながらもフルーティ。
 口に含むとみずみずしく、若干の渋味はあるが若々しさを感じる。

 この酒は草津の宿で一日で飲みきったため、燗や開栓からの変化は不明ですが、常温よりも低い温度がパフォーマンスを発揮するような気がする。また、開栓から日を置くとどの程度変化するのが気になるところ。ぐっと乗るような予感がする。

[楽天市場で検索]
[群馬の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米吟醸無濾過生原酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 17度以上18度未満
蔵元 龍神酒造株式会社
群馬県館林市西本町7-13
尾瀬の雪どけ しぼりたて上澄み本生(純米吟醸無濾過生原酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

1,390円(720ml)
製造年月:2006年12月
開栓:2007年3月17日

尾瀬の雪どけ びん囲い本生

 搾ってすぐに瓶詰し、低温冷蔵庫で冷暗貯蔵された純米吟醸無濾過生原酒『尾瀬の雪どけ びん囲い本生』。草津に旅行した際、湯畑から徒歩6〜7分のところにある大竹商店(群馬県吾妻郡草津町)にて購入。

 立ち香は冷たい水を思わせるモノトーンなイメージ。
 口に含むと落ち着いた旨味があり、余韻の持続性も高い。また丸みも感じる。

 この酒は草津の宿で一日で飲みきったため、燗や開栓からの変化は不明ですが、軽く冷えた程度がパフォーマンスを発揮するような気がします。また、開栓から日を置いてもそれほど変化しない、腰があるような気も。
 この酒も『尾瀬の雪どけ しぼりたて上澄み本生』もアルコール度数の高さを感じさせないすっきりとした味わいなのが印象的。きれいな佳酒ですね。

[楽天市場で検索]
[群馬の地酒と温泉情報(旅行ガイド)]



種類 純米吟醸無濾過生原酒
原材料名 米・米こうじ
アルコール分 17度以上18度未満
蔵元 龍神酒造株式会社
群馬県館林市西本町7-13
尾瀬の雪どけ びん囲い本生(純米吟醸無濾過生原酒)

評価グラフ
[評価グラフの説明]

1,390円(720ml)
製造年月:2007年3月
開栓:2007年3月17日