ホーム > 日記 > 旅行記・イベント記 > とげ抜き地蔵・湯島天神 - 2003年4月29日(火)
へこみこむ [hekomi.com]

とげ抜き地蔵・湯島天神 - 2003年4月29日(火)

とげ抜き地蔵

 どうしても「馬木の耳かき」が欲しくなって、ふらっとひとりで巣鴨に行ってきました。初めての巣鴨です。おじいちゃん、おばあちゃんがいっぱいです。和む。イッツ、スローライフ!

巣鴨巣鴨巣鴨

 結局、とげ抜き地蔵境内には「馬木の耳かき」は出店していませんでした。不定休だから仕方がない。そのかわり、「原田の耳かき」という店が出ていた。
 なんだよ、フェイクかよと思い、立ち寄りもせずに帰ったんだけど、自宅に帰ってから調べてみると、どうも偽物ではないらしい。ってか、本筋を継いでいるらしい
 あわわ、失礼しました。あわわ。「馬木の耳かきって店があると聞いてきてみたんですけど」って言ってみりゃよかった。あわわ。

 また近いうちにでも巣鴨に行きたいと思います。行きたい人は声かけて。今度は耳かきゲットです。あ、『みずの』の塩大福(5個600円)買った。半分は目的達成。

塩大福

湯島天神

 巣鴨をあとにし、次は上野。上野では『岡埜栄泉』で豆大福を買って、『うさぎや』でどら焼きを買って、『池の端藪蕎麦』で蕎麦でも手繰ろうという目論見。
 まずは豆大福(210円)とどら焼き(180円)をゲット。今日は甘いもの三昧。甘いものは別腹です。何個でも食う。

豆大福どら焼き

 バッグに幸せ(=甘いもの)を詰め込んで、次は『池の端藪蕎麦』。ちなみに今日行ったお店はいずれも初めて行ったところばかり。『池の端藪蕎麦』にしても頭のなかに地図を詰め込んでの移動。思いっきり迷った。見つけられなかった。
 ふらからふらから歩いていたら湯島天神が見えてきたので、ちょっと参拝。神社仏閣好きとしてはこれは見逃せないでしょう。初めての湯島天神を満喫。若い女の子がいっぱいいたよ。男ひとりじゃ行きにくい場所だなあ。んむー。

湯島天神湯島天神

 心機一転、『池の端藪蕎麦』へ。思っていた道を一本ずらして歩いてみたら、あっさりと見つかった。さっそく神様のご加護じゃ。
 板わさ(500円)とビール(600円)を注文し、まずはほっとひと息。ビールちびちび、板わさもぐもぐ。適当なところでざるそば(600円)を注文。ずるずる。
 味はまあ、おいしかったですよ。十分満足。あと店員さんの受け答えがよかったのでポイント高し。今度は浅草の『並木薮蕎麦』と神田の『かんだやぶそば』を食べたいと思った。藪蕎麦を食べ尽くせ! 行くぞ。ついてこい!